ロビー ロバート ソン。 ロバート・ダンカンソン

ロバート・デュヴァル

ロビー ロバート ソン

— Matt Reeves mattreevesLA 2019年6月にロバート版バットマンが発表されてから、約1年。 現在ロバートは撮影のためにイギリスのロンドンに滞在しているけれど、新型コロナウイルスの影響によって自宅隔離生活を送ることに。 そこで、スタジオがロバートの体型維持のために雇ったフィットネスインストラクターは、彼にいくつかの筋トレ用品を渡して運動を続けるように指示したそうなのだけれど、ロバートは「僕はほとんどなにもしてないよ」と、米GQのインタビューで明かした。 「有害な男らしさ」の例を作らない バットマン/ブルース・ウェインといえばコミックスでの絵柄と同様に、『ダークナイト』3部作のクリスチャン・ベイルや、『ジャスティスリーグ』のベン・アフレックなど、実写版でも俳優たちはかなり身体を鍛えて撮影に臨んできた。 「つねに身体を鍛えているなら、君は問題の一部だ。 (人々のなかに)先例を作ってしまってる。 70年代には、誰もこんなことしてなかったんだぞ。 あのジェームズ・ディーンでさえ。 彼はそこまで筋肉ムキムキではないからね」 ロバートのこの考え方は、「(Toxic Masculinity/有害な男らしさ)」として、近年欧米でトピックになっているもの。 男は身体を鍛えるべき、男は泣いてはいけない、といった価値観の押しつけは多様性を排除するだけでなく、女性差別や同性愛差別など、様々な差別の原因にもなっていることが指摘されているため、多くの人々が有害な男らしさをなくそうと声をあげ始めている。 もちろん、自分がしたいのであれば身体を鍛えるのはまったく問題がないこと。 しかしロバートは、ヒーロー=筋肉ムキムキで男らしいというイメージばかりを拡散することは良くないと考えているよう。 ロバート版バットマンはどんな作品になる? もともと自分の外見にあまり興味がなく、セレブらしからぬ外見で出かけることが多いロバートには、『トワイライト』シリーズの頃からそのスタンスは変わっていないようで、「シャツを脱いでくれって言われたことがあるけど、やっぱり着てくれって言われたな」という過去も。 映画『トワイライト』シリーズでのロバート。 インタビュー中にはたびたびため息をつきながら話していた彼のバットマンがどのようなストーリーになるのかは明らかにされていないけれど、『ザ・バットマン』は他のバットマン映画とは違った新しいタイプのストーリーになる予定と言われており、脚本、監督、製作を担当するマット・リーヴスは、フィルム・ノワール調の探偵映画にしたいと米The Hollywood Reporterにコメントしている。 ロバートがバットマン/ブルース・ウェインを演じる映画『ザ・バットマン』は、2021年10月に公開予定。 (フロントロウ編集部).

次の

ロバート・ダンカンソン

ロビー ロバート ソン

ロバート・ストーン プロフィール リングネーム ロバート・ストーン ロバート・ストラウス ロビー・E ロビー・マカシィ ロブ・エコス 本名 ロバート・ストラウス ニックネーム ユーアー・アンビーリブル プラチナ・パパ 身長 180cm 体重 91kg 誕生日 1983-10-01 (36歳) 出身地 所属 トレーナー ケビン・ナイト IWFスタッフ デビュー 2000年 ロビー・E( Robbie E)のリングネームで知られる ロバート・ストラウス( Robert Strauss、 - )は、のプロレスラー。 現在はに所属している。 キャリア初期は北東部と大西洋中部のインディー団体にて ロブ・エコス( Rob Eckos)というリングネームで活動していた。 来歴 [ ] キャリア初期 [ ] ロバートは4歳の頃からプロレスを見始め、、、のファンだった。 そしてでアイアン・マイク・シャープが主催したローカル団体のライブイベントを見たとき、プロレスに興味を持ち、プロレスラーを目指すようになった。 16歳になるとにあるの下で、2000年の1月に ロブ・エコス( Rob Eckos)としてとデビュー戦をするまでの4ヶ月間定期的な練習と訓練をしていた。 ニュージャージー州に拠点を置く団体である インディペンデント・レスリング・フェデレーション( Independent Wrestling Federation)でエコスはプロレスラーとして初期のキャリアを2002年まで過ごした。 TNA [ ] 2010年7月27日にTNAのダーク・マッチに出場し、と対戦し負けてしまうが、8月5日にTNAが契約を結んだ事を発表した。 リングネームを ロビー・E( Robbie E)と改名し、8月10日のTNA Impact! のダーク・マッチにてマネージャーのクッキーと組み、ジェレミー・バック(ヤング・バックスの1人)と対戦して勝利している。 10月7日にてマネージャーのクッキーと共にImpactのライブにてテレビする。 ロビーはを破ったあとのXディビジョン王座保持者であるをリングで襲撃し、リング・デビューする。 翌週リサールの持つXディビジョン王座への挑戦権を獲得するためにクッキーとともにストリートファイトスタイルでノンタイトル戦をするも負けてしまう。 11月のTurning Pointにてロビーはクッキーの助けを借りてリサールを破り、Xディビジョン王座を初めて獲得した。 12月のFinal Resolutionでクッキーの介入を防ぐためにクッキーが上空の檻に閉じ込められた状態でリサールとリマッチを行ない、再び勝利するも2日後の12月7日のImapct! にてリサールにXディビジョン王座を奪い返されてしまう。 11年2月10日に新チャンプであるの持つXディビジョン王座にAgainst All Oddsで挑戦できる権利を賭けた挑戦者決定トーナメントに出場し、とを破り決勝へ進出する。 Against All Oddsでカザリアンに挑戦するも敗北してしまう。 その後3月のVictory Roadでカザリアン、ロビー・E、、と4wayマッチで再びXディビジョン王座に挑戦するも敗北してしまう。 そして8月11日のImpact! でロビーとクッキーは別れてしまう(クッキーは後に)。 クッキーと別れた後は新しいパートナーを探し始め、8月25日のImpactでを新しいパートナーとしてオファーした。 9月8日のImpact! でロブ・テリーはロビー・Eとエリック・ヤングの試合後に介入してエリック・ヤングを攻撃し、10月27日のエリック・ヤングとロビー・Eが戦い、ロビー・Eが敗北したあとロブ・テリーが介入し、ロブとロビーはエリック・ヤングを攻撃し、ロブ・テリーは ロビー・Tと改名する。 11月13日のTurning Pointでロビー・Eはを破り、彼の持っていたを手に入れ、同月17日と12月1日にディーボンとを相手に防衛戦を行ない勝利している。 12月1日のFinal Resolutionでエリック・ヤングのリマッチを受け、これを退ける。 2012年の1月12日のAgainst All Oddsで誰でもタイトルを賭け挑戦でも受けると発表し、が名乗りを上げたため対戦し勝利する。 3月のVictory Roadでも同じような発表を行ない、が名乗り出たため対戦するも負け、タイトルを手放してしまう。 4月のLockdownでスチール・ケージ・マッチ戦を行なうも、ディーボン相手に再び敗北、5月のSacrificeにてディーボン、ロビー・E、マネージャーのの3wayを行なうも敗北、6月7日のImpact! にてディーボンとまたタイトルマッチを行なうも、の介入により負けてしまい、計3回タイトル奪取に失敗している。 6月10日のSlammiversaryにと組み、とギャレット・ビショフのタッグと対戦するも敗北してしまう。 10月にの持つに挑戦するが敗戦。 その後は特に目立った活躍もなく2012年をフェードアウトしていく。 2013年に入るとロビー・Tの間に不穏な空気が流れるようになり、2月に抗争を開始するようになる。 3月のLockdownでロビー・Tと対戦するが敗北、PPV翌週のImpactで再戦するもまた負けてしまい、ロビー・Eの敗北で抗争を終了している。 なお抗争終了と同時にロビー・Tはリングネームをロブ・テリーに戻している。 抗争終了後に新たなパートナー探しをするようになり、5月から新たなパートナーのとタッグを結成している。 結成と同時にタッグ王座奪取を目標にアピールをするようになった。 10月のBound for Gloryでとの持つへ挑戦、チャンピオン組から勝利し、タッグ王座を初戴冠している。 PPV後のImpact Wrestlingにて元王座組のリマッチを退け、初防衛を果たしている。 得意技 [ ] フレッシュ・トゥ・デス フィニッシャー。 ショア・ティングス フィニッシャー。 スティル・オブ・エコス ロブ・エコス時代のフィニッシャー、 河津落としの体勢から体を反転させ体を浴びせながらの 獲得タイトル [ ]• :1回• :1回 CW(Chaotic Wrestling)• CSWFクルーザー級王座 :1回 ECWA(East Coast Wrestling Association)• ECWAミッドアトラクション王座 :1回• GLCWヘビー級王座 :1回 HW(Hardway Wrestling)• HWライトウェイト王座 :1回 ISPW(Independent Superstars of Professional Wrestling)• ISPWトライステート王座 :1回 JCW(Jersey Championship Wrestling)• JCWクルーザー級王座 :1回 NCW(National Championship Wrestling)• SSCWヘビー級王座 :1回• SSCWライト級王座 :1回 UWC(United Wrestling Coalition)• UWCユナイテッドステイツ王座 :1回.

次の

ロバート・パティンソンの映画作品

ロビー ロバート ソン

来歴 [ ] 生まれ。 父は、母は。 幼いころにプロの賭博人 ギャンブラー)だった父親が、路上でタイヤを交換中にひき逃げされて死亡した。 ロバートソンは貧しい環境の中、母親の手で育てられる。 7歳のときにギターを覚えやがてロックンロールに熱中し地元のアマチュアバンドでなどの作品に触れる。 、のバック・バンドであるホークスに加入。 はじめベースギターを担当したが、2年後にリードギターに転向する。 そのギタープレイは、ホーキンスをして「この子は天才だ!」と言わしめたほどの早熟ぶりであった。 ホークスはその後、にのバック・バンドとなる。 、ディランのアルバム『』のレコーディングに参加。 ディランから「その後衛的なサウンドによって僕のナーヴァスな腸に触らない唯一の数学的ギタリスト」と評された。 、ホークスはと改名して『』を発表。 ロビーは、ザ・バンドがに解散するまでリードギターと曲づくりに活躍し、バンドのリーダー的存在となり1975年には彼の作品ばかりからなる傑作『南十字星』を発表し高い評価を受ける。 だが、ロビーの、家にこもる学究肌のライフスタイルは、他のメンバーとの溝を深め、さらにはレコードの作品のクレジットにおいての問題やツアー演奏継続の意見の相違などがからんで、1976年11月のイベント『ラスト・ワルツ』を最後に、ロビーはバンドを脱退する事態となる。 このときドラムスのとは絶縁状態となった。 ヘルムは「彼のバンドにおける役割は否定しない。 彼は重要な触媒であり、ザ・バンドの音楽の歴史に重要な貢献をした。 しかし彼がなぜ、あんなふうにすべてを放り出さなくてはならなかったのか、ぼくは今になっても理解できない。 」とロビーを非難した。 ザ・バンド解散後は、セッション・ギタリストやとして活動。 また、公開の『Carny』をプロデュースし、脚本制作に協力、としても出演。 同年、の監督映画『』の音楽監督を務め、以後、ロバートソンはスコセッシの監督作品で度々音楽監督としてクレジットされる。 にはが再結成されるが、不参加。 そして、にソロ・デビュー作『』発表。 同作はロビーとがプロデュースを担当し、の全メンバーや、、等が参加した。 には、『』にもゲスト参加。 1987年、雑誌「」創刊20周年特別号で、系カナダ人とカナダ側の混血であることを明かし、同年発表のソロ・デビュー作『ロビー・ロバートソン』は、この出自について歌ったものであるとコメントした。 それまでのロビーを取り巻く音楽環境は、裕福なユダヤ人社会であったため(彼の育った環境は極貧のインディアン社会である)、「私一人で活動しているわけではなかったから、個人的な志向で音楽性を変えるわけにいかなかった」と述べている。 以後、インディアンとしての音楽活動を強く打ち出すようになる。 ソロ2作目の『』()は、音楽からの影響を取り入れた作品で、の全メンバーや、等がゲスト参加。 同作は、インディアンの伝統音楽とテクノロジーを融合した音楽性で、の等が参加。 のアルバム『』も、再びインディアンの伝統音楽に影響を受けた作品となった。 リタ・クーリッジ、Joanne Shenandoah(後にニール・ヤング等と共演するの女性歌手)等が参加。 同アルバムに収録された「サクリファイス」という曲は、インディアン権利団体「アメリカインディアン運動()」のメンバーで、無実の罪で終身刑服役中のインディアン運動家の電話によるメッセージを曲中に採り入れるという実験的なものとなった。 ロビーはこの曲についてこう述べている。 「私はライブパフォーマンスはしない。 だがスタジオ録音であっても人が人を巻き込むグルーブ感のある音楽は作れると思っている」 、Canada's Walk of Fameに名前が彫られる。 同年、ローリング・ストーン誌が選出したでは78位 、2011年の改訂版では第59位に選ばれている。 また、の「」においては第20位に入っている。 その後、にはザ・バンドとともに特別功労賞を受賞。 、13年振りの新作『』を発表。 同アルバムにはが7曲でゲスト参加し、更に、ロバート・ランドルフ、、等も参加した。 同年5月にはを授与されている。 ディスコグラフィー [ ] ソロ・アルバム• 1987年 - Robbie Robertson (ゲフィン)• 1991年 - Storyville (ゲフィン)• 1994年 - Music for The Native Americans (キャピトル)• 1998年 - Contact from the Underworld of Redboy (キャピトル)• 2011年 - How To Become Clairvoyant 429 著作 [ ] 『ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春(原題:TESTIMONY)』 奥田祐士 訳 DU BOOKS 2018年9月28日) 脚注 [ ].

次の