チンパンジー 共食い。 (閲覧注意)2分程のチンパンジーの共食いの動画の日本語訳をお願...

チンパンジーの真実:残酷な肉食・共食いで赤ちゃんにも手を染める

チンパンジー 共食い

目次 [閉じる]• 霊長類の強さランキング 1位:ゴリラ 身長180cm、体重150kg、握力500~600kg 霊長類最強はアフリカの熱帯雨林に生息するゴリラです。 霊長類の中で最も大きく重く、それがそのまま戦闘力になっています。 この握力で人間が握られてしまえば、腕だろうが頭だろうが簡単にその部位が骨ごと潰されてしまいます。 この巨体から繰り出される体当たりや叩きつけも耐えられえるようなレベルではないでしょう。 文句なしで霊長類最強の動物と言えます。 そんなゴリラですが主食は植物と昆虫などの小動物です。 性格も穏やかで気は優しくて力持ちな存在です。 ちなみにゴリラは霊長類最強ではありますが動物で最強という訳ではなく、ゾウ、サイ、カバ、大型のネコ科動物には劣ります。 よく天敵のヒョウに食べられていますしね。 2位:オランウータン 身長100cm、体重80kg、握力350~500kg 霊長類2位はアジアの熱帯雨林に生息するオランウータンです。 知能の高さを伺える行動があり、森の賢人とも評されています。 ゴリラに次ぐ体格を持ち、樹上生活で培われた握力はゴリラに勝るとも劣りません。 特に顔の左右にコブ(フランジ)がある個体は強いです。 これは強いオスにしか表れないもので、これを持つ者は名実共にその地域のボスなのです。 文句なしの第2位でしょう。 3位:チンパンジー 身長80cm、体重50kg、握力200~300kg 霊長類3位はアフリカの熱帯雨林に生息するチンパンジーです。 サルの中では人類と近い関係にあり、高い知能を持っています。 体格は人間の子ども程度のものですが、樹上生活で鍛えられた筋力は比べ物になりません。 2017年時点で人類最強の握力を持つ人の記録は192kgですが、これは平均的なチンパンジーにも及びません。 それだけ筋肉の質が違うのです。 また霊長類の中では肉食傾向が強く性格も獰猛です。 共食いをしたり人間に噛みついたりと、その類のエピソードには事欠きません。 霊長類多しとは言え、チンパンジーに勝てる種はそうはいないと言えます。 第3位へランクインです。 4位争い勢 上位3種には体格が劣るため戦闘力は劣るものの、それなりに大きく強いサルは他にも沢山います。 4位争い勢として挙げられるのはマンドリルやマントヒヒでしょうか。 ヒョウと縄張り争いをしているほどで、1対1では勝てませんが群れで戦って撃退することすらあります。 ただ体重が20~30kg程度なので、倍の重さがあるチンパンジーには流石に劣ると思われます。 しかし時折見せる鋭い牙や強靭な筋肉はその戦闘力の高さを伺わせるのに十分なものです。 噛みつかれたら人間の柔肌ではひとたまりもありません。 動物園の飼育員が噛まれて何十針も縫う酷い怪我を負うこともあります。 全然人間が戦えそうなのがいませんね。 それでは人間がどの程度のサルとなら戦えるのかと言えば、まあニホンザル相手なら何とかなるかもしれません。 人間はニホンザルと同じぐらいの強さ 人間は体格だけ見れば霊長類の中でもゴリラ未満オランウータン以上と屈指の大きさを誇りますが、人間の強さは前項で挙げたサルと比べると明確に劣ります。 残念ながら体重の割に弱いのが人間なのです。 人間は同じ重さの動物には勝てないどころか、10kgを超える野生動物に素手ではまず敵いません。 強さ的には大体10kgの草食動物、または5kgの肉食動物相当って所でしょうか。 残念ながら素手では中型犬の方が遥かに強いのです。 そんな人間と同じぐらいの強さだと思われるサルがニホンザルです。 近くで見るとそれなりに大きく強そうですが、しかし人間を相手にして勝てると言えるほどではないでしょう。 ニホンザルは身長60cmで体重は10kgそこそこと、体格だけ見れば人間の1歳児並みです。 地上棲で握力も30kg程度であり、成人と比べると大したことはありません。 食性も草食寄りの雑食であり、小動物や昆虫ぐらいは食べても中型以上の動物を襲うことはまずありません。 そんな生活なので牙や爪も肉食獣のような強靭なものではなく、つまりニホンザルは本質的に戦闘向きではないのです。 群れとして見ればそれなりに脅威でも、単体での強さは高々知れています。 これなら人間でも流石にウェイトの差で戦えるでしょう。 まあ勝てるかどうかはともかく、自分より大分小さなサルに向かって本気で攻撃するのは絵面としてどうなんだという気はしますけどね….

次の

チンパンジーが共食いをしてしまう!理由とは?

チンパンジー 共食い

霊長目ヒト科チンパンジー属に分類され、約500万年前に我々ヒトの祖先と分かれたといわれています。 体長はオスが約85cm、メスが約77. 5cm、体重はオス40~60kg、メス32~47kg程度です。 全身の毛は黒く、顎のあたりだけ白い毛が生えています。 寿命は50年ほどです。 アフリカ大陸のセネガルからコンゴ民主共和国、ウガンダ、ルワンダ、タンザニアにかけて生息していて、20〜100頭ほどの群れを形成して暮らしています。 昼行性で、地上を歩く際には四足歩行をし、行動圏内は10~20㎢、乾燥した地域などでは数百㎢におよぶ場合もあるようです。 夜になると樹上に木の枝や葉を用いた寝床を作って眠ります。 雑食性で、主に果物を食べますが、植物や、イノシシ、リスなど小型から中型の動物を口にすることも。 蟻塚に棒を突っ込んで白蟻を食べる、硬い果物の殻を石を使って割る、大きな葉を使って水を掬うなど、さまざまな道具を用いる知性と、仲間と協力して集団で狩りをおこなう社会性を持ち合わせています。 獲得した食料を、母子や群れのなかで分配することも多いようです。 握力が200~300kgと非常に強く、車のフロントガラスを叩き割った事例もあるほど。 また脚力も発達しており、垂直に4m近くジャンプすることができます。 彼らは賢い動物としてテレビ番組などにも登場し、お茶の間の人気を獲得しています。 しかし実は、人や動物に攻撃する可能性がある凶暴な動物でもあるのです。 野生のものは「猛獣」に分類されていて、飼育下でも人間を襲ったという事例もあり、日本では「人の生命、身体、または財産に害を加える恐れがある」として、「特定動物」に指定されています。 時には気性が荒いイメージのあるゴリラよりも危険だともいわれているようです。 特にオスは、繁殖期になると凶暴性が増します。 相手の強さを計算し、自分より弱いと判断すると襲う場合も。 過去には、車から人間を引きずり出して殺害してしまったこともありました。 両者の見た目にはほとんど違いがありません。 実はボノボは、かつて「ピグミーチンパンジー」と呼ばれていました。 およそ300万~100万年ほど前に共通の祖先から分かれたと見られています。 外見はよく似ていますが性格は正反対で、ボノボは「平和主義者」と呼ばれています。 チンパンジーの群れにはボスがいて、力で群れを支配しています。 そのためボスが年老いて力が弱くなると、若いオスが力ずくでその地位を奪ってしまうのです。 それに対してボノボは、オスではなくメスが群れの主導権を握り、力ではなく「性」でコミュニケーションを図ります。 方法はディープキスなどさまざまですが、メス同士が抱き合って互いの性器をこすりつけあう方法は「ホカホカ」と呼ばれており、ボノボ特有の行動です。 なぜ一方が攻撃的になり、一方が平和的になったのかについては、さまざまな研究がなされています。 一説によると、元々チンパンジーはアフリカのコンゴ川右岸、ボノボは左岸に生息していたとのこと。 そして右岸には左岸にはいないゴリラが生息していたため、餌を巡って争った結果、右岸にいるチンパンジーの気性が荒くなったのではないかといわれています。 遺伝的にはほんのわずかの差しかない2種ですが、暮らしてきた環境がその性格に大きな影響を与えたのかもしれませんね。 人間を人間たらしめているものとは.

次の

チンパンジー・猿の握力はどれくらいなの?

チンパンジー 共食い

人間の筋肉もチンパンジンーの筋肉も筋線維という何千という細い筋細胞が束になってできています。 筋線維には大きく分けて速筋と遅筋があります。 速筋は人で言えば陸上の短距離選手が多く持ち合わす一瞬の間に爆発的な力を発揮する筋線維で、乳酸を出しつつ糖を代謝する(解糖系)ことによって急激にエネルギーを作ります。 その代わり長時間は持ちません。 遅筋はその逆で長距離選手の体に多く見られ、出した乳酸を瞬時に酸素を使って代謝させ(酸化系)ます。 乳酸を溜めないので疲れにくく持久力があるのです。 チンパンジーは人間と比べても比較にならないほど多くの速筋を持ちます。 したがって瞬間的にとても大きな力を発揮する能力に長けているというわけです。 猿と言ってもその数は沢山ありすぎるので、もっとも親しみのある「日本猿」で考えてみましょう。 日本猿の握力は約30kgと言われています。 この様に聞くとチンパンジーの握力の強さに比べて見劣りします。 しかし日本猿の体重がわずか10㎏ということを考えると、その3倍ですからとてつもない力が働いていると言えます。 自分の体重の3倍の握力と考えてみてください。 もし100kgの人ならチンパンジーと同じ300㎏ということになります。 まず普通の握力測定器ならメーターが振りきってしまい、計測不可能となってしまいます。 やはりチンパンジーと同様に猿も木の上を自由に動き回れなければその身を守ることは出来ません。 よって猿にも強い握力が備わっているのです。 成人男性と言ってもその年齢は下は20歳(国によっては18歳)から上は100歳以上にもなりますから当然握力の強さにも開きがあります。 世界平均では約45〜50kgとなりますが、もっとも強いのが35〜39歳で約50kgとなります。 また日本人の平均は約43〜47kgくらいが目安です。 もっとも強いと考えられる35~39歳で約47. 6kgくらいになります。 世界平均からすると日本人の平均は若干低い様です。 ちなみに握力のギネス世界記録はスウェーデン人の腕相撲チャンピオンのマグナス・サミュエルソン氏が持つ「192kg」です。 リンゴを握りつぶすのに70~80kgの力が必要といわれますからその約2. 5倍の力です。 チンパンジーの手を見ると人間に比べて縦に長いことが分かります。 さらに人差し指から小指までの4本の指がスラリと長くなっています。 これだけのリーチがあれば木や枝をはじめあらゆる障害物にも対応できるのがよく分かります。 ところが親指だけは驚くほど短いのです。 それでも枝など棒状の物を掴むのはほぼ問題ありませんが、一つ弱点となるのが人間が得意とする「つまむ」ことが苦手ということです。 人間は親指と人差し指を使って小さなものでもしっかりつまむことが出来ます。 しかしチンパンジーはこれがほとんど出来ません。 短い親指と人差し指の外側部分とで挟むようにしか出来ないのです。 よって指先を使った細かい作業は人間ほど器用には出来ないのです。

次の