雫石 あ ねっ こ。 宮沢賢治も絶賛した雫石あねっこ♪

まんま

雫石 あ ねっ こ

近隣の道の駅>> 東北の道の駅 03022 雫石あねっこ - Shizukuishi-Anekko - 〜 山と牧場といで湯の町 〜 道の駅「雫石あねっこ」は、日本海に面する秋田市と太平洋に面する宮古市とを結ぶ道路のちょうど中間に位置しています。 施設は風土工学によってつくられた全国初の施設で、雫石の風土資産や伝統に基づいてデザインされ、各施設が回廊でつながっているのが特徴です。 道の駅の名称の由来は、雫石が温泉の宝庫であること、また昔から雫石が美人の里として知られており、年頃の娘を「あねっこ」と呼ぶことからつけられました。 洋風・和風の大浴場と、露天風呂やサウナを楽しめる温泉施設は、白みがかった美肌に効果のある湯が自慢です。 「産直しずくいし」には、地元で採れた新鮮な野菜・山菜・きのこなどが並び、地元の素材を生かした、もち・菓子・漬物などの加工品も充実。 近隣のお土産を揃えた「物産しずくいし」も人気です。 名物ひとめぼれソフトが人気の「こびるコーナー」、雫石産の食材をふんだんに盛り込んだメニューのある「あねっこ茶屋」、雫石産のそば粉を使用したそば打ち体験のできる「しずく庵」、身近なハーブと触れあえる「日本ハーブ園」、雫石川に隣接する「オートキャンプ場」などがあり、幅広くご利用いただけます。 ご家族全員で、一日中ゆっくりお楽しみください。 また、72畳の広々とした和室の「食事処こまくさ」では、オリジナルメニューのお食事をご用意しています。 清らかなせせらぎと緑の森に囲まれた園内は散策にも最適です。 約3000ha の広大な緑の大地で、牛や羊が草を食む風景は時の流れを忘れてしましそう。 冬には岩手雪祭りが開催されます。 宮沢賢治の描いた童話の世界をモチーフにしたスケールの大きな遊びの空間です。 周辺に整備された公園では春の桜並木から冬の白鳥まで、四季それぞれの風景を堪能できます。 標高差930mを滑走する全長5000mのコースは滑り応え充分。 コース数が多く、初心者でも楽しめます。 神秘的なアオモリトドマツの樹氷を楽しんだ後は、ゆったりと温泉も堪能できます。 【イベント情報】 1月 裸参り 2月 岩手雪まつり(小岩井農場) 5月 岩手山麓ファミリーマラソン 6月 駒ヶ岳山開き登山 7月 岩手山山開き登山 鮎マスターズ東北大会 8月 雫石よしゃれ祭 10月 南部よしゃれ全国大会.

次の

宮沢賢治も絶賛した雫石あねっこ♪

雫石 あ ねっ こ

近隣の道の駅>> 東北の道の駅 03022 雫石あねっこ - Shizukuishi-Anekko - 〜 山と牧場といで湯の町 〜 道の駅「雫石あねっこ」は、日本海に面する秋田市と太平洋に面する宮古市とを結ぶ道路のちょうど中間に位置しています。 施設は風土工学によってつくられた全国初の施設で、雫石の風土資産や伝統に基づいてデザインされ、各施設が回廊でつながっているのが特徴です。 道の駅の名称の由来は、雫石が温泉の宝庫であること、また昔から雫石が美人の里として知られており、年頃の娘を「あねっこ」と呼ぶことからつけられました。 洋風・和風の大浴場と、露天風呂やサウナを楽しめる温泉施設は、白みがかった美肌に効果のある湯が自慢です。 「産直しずくいし」には、地元で採れた新鮮な野菜・山菜・きのこなどが並び、地元の素材を生かした、もち・菓子・漬物などの加工品も充実。 近隣のお土産を揃えた「物産しずくいし」も人気です。 名物ひとめぼれソフトが人気の「こびるコーナー」、雫石産の食材をふんだんに盛り込んだメニューのある「あねっこ茶屋」、雫石産のそば粉を使用したそば打ち体験のできる「しずく庵」、身近なハーブと触れあえる「日本ハーブ園」、雫石川に隣接する「オートキャンプ場」などがあり、幅広くご利用いただけます。 ご家族全員で、一日中ゆっくりお楽しみください。 また、72畳の広々とした和室の「食事処こまくさ」では、オリジナルメニューのお食事をご用意しています。 清らかなせせらぎと緑の森に囲まれた園内は散策にも最適です。 約3000ha の広大な緑の大地で、牛や羊が草を食む風景は時の流れを忘れてしましそう。 冬には岩手雪祭りが開催されます。 宮沢賢治の描いた童話の世界をモチーフにしたスケールの大きな遊びの空間です。 周辺に整備された公園では春の桜並木から冬の白鳥まで、四季それぞれの風景を堪能できます。 標高差930mを滑走する全長5000mのコースは滑り応え充分。 コース数が多く、初心者でも楽しめます。 神秘的なアオモリトドマツの樹氷を楽しんだ後は、ゆったりと温泉も堪能できます。 【イベント情報】 1月 裸参り 2月 岩手雪まつり(小岩井農場) 5月 岩手山麓ファミリーマラソン 6月 駒ヶ岳山開き登山 7月 岩手山山開き登山 鮎マスターズ東北大会 8月 雫石よしゃれ祭 10月 南部よしゃれ全国大会.

次の

宮沢賢治も絶賛した雫石あねっこ♪

雫石 あ ねっ こ

詳細は「」を参照 である。 ただし奥羽山脈の東麓に位置するため、降雪量が多くに指定されている。 9 53. 4 12. 7 54. 9 19. 4 66. 9 28. 5 83. 3 31. 8 89. 2 32. 6 90. 7 35. 1 95. 2 35. 8 96. 4 32. 9 91. 2 27. 0 80. 6 21. 4 70. 5 14. 7 58. 5 35. 8 96. 8 33. 4 1. 7 35. 1 5. 6 42. 1 13. 5 56. 3 19. 1 66. 4 23. 0 73. 4 25. 9 78. 6 27. 7 81. 9 23. 2 73. 8 17. 1 62. 8 10. 0 50 3. 7 38. 7 14. 3 57. 9 26. 3 27. 9 1. 1 34 7. 7 45. 9 13. 3 55. 9 17. 8 64 21. 3 70. 3 22. 6 72. 7 17. 9 64. 2 11. 2 52. 2 5. 0 41 0. 1 32. 2 9. 4 48. 3 18. 9 19. 4 25. 9 1. 9 35. 4 7. 5 45. 5 13. 2 55. 8 17. 4 63. 3 18. 5 65. 3 13. 4 56. 1 5. 9 42. 6 0. 4 32. 6 25. 5 4. 8 40. 7 3. 6 14. 5 29. 3 3. 6 38. 5 7. 6 45. 7 8. 7 47. 7 1. 4 34. 4 24. 4 13. 1 mm inch 69. 6 2. 74 64. 2 2. 528 92. 8 3. 654 108. 7 4. 28 120. 0 4. 724 132. 5 5. 217 230. 7 9. 083 206. 4 8. 126 184. 9 7. 28 115. 8 4. 559 120. 0 4. 724 99. 6 3. 921 1,545. 2 60. 836 cm inch 165 65 132 52 91 35. 8 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 12 4. 7 95 37. 4 499 196. 5 平均月間 84. 5 104. 3 137. 2 168. 6 185. 5 163. 2 134. 0 141. 1 114. 9 129. 4 100. 5 77. 7 1,547. 5 出典: 歴史 [ ] 沿革 [ ] のが発見されるなど、その歴史は古い。 町内各地の遺跡からにはすでに人々が定着していた形跡がある。 の勢力が雫石地域に至り開拓の手が伸びたのは、20年()のの頃であった。 滴石地域一帯に住む鬼の長(先住民の酋長)、(おおたけまる)を雫石の西根地域の中野村に兵を集めて田村麻呂がこれを攻め滅ぼした、と「巌鷲山縁記」に記載がある。 中央がの専制で地方政治の統制がゆるみ、安倍氏などの辺境在住勢力が台頭するにいたる。 の六男が滴石に在住したが、5年()に安倍氏が衣川柵、厨川柵で敗れると9月17日には戦死した。 後、がとして安倍氏の旧領をほぼ制圧するが、清原一族の内乱から国司の参加したが元年()に起こり清原氏は滅亡、が清原氏の支配地を継承した。 、がのを滅亡させると、岩手西部をに常陸相馬の平衡盛()に与えた雫石地域もそのとき支配下となる。 南北朝争乱の時代に南部氏、河村氏、和賀氏、葛西氏とともに南朝のに属し、激しく足利方と対立する。 には雫石地域はとが覇権を争う。 その際、にが雫石にを置いたことが語源で「御所地区」がある。 で敗れ、石巻の葛西氏を経て、滴石城のを訪ねて来る。 に、がとともにを攻める。 南朝側は足利方のとの不和やとの不和(観応の擾乱)の間隙をつきを拠点として団結し、を陥れているが、その後雫石地域の記録はない。 には地方分権的なが各地に形成されたが、雫石地方はの勢力圏として比較的安定していた。 (一説には)、長山村の、戸澤館のなどの勢力が台頭、境界をめぐり争乱をくりかえしていた。 天文9年()、三戸南部のが沼宮内氏、渋民氏、玉山氏、田頭氏、平舘氏を率いて侵入。 戸澤氏のみが服従を拒否したために滴石城が焼失し、戸澤氏は仙北郡に逃亡する。 、日詰のの斯波(雫石)が滴石郷に侵入。 一時雫石を支配し、斯波御所()を置く。 このとき初めて「雫石」の文字が使われる。 その後、12年()にの代に雫石地域攻略が始まり、天正14年()には敗れ雫石城はの伝説を生み落城、再び南部氏の所領になる。 南部氏は小田原でに謁見、服従、所領安堵を許される。 天正16年()、雫石城は豊臣秀吉の命令で破却される。 その後、徳川政権のもとの藩政下で280年間、幕末まで続く。 雫石地域はとの藩境を接していたため争いが絶えず、また秋田街道の交易の利便性から橋場御番所が置かれる。 雫石通は8年()、5年-6年(-)、3年-天明4年(-)、年間にはが起こり四大飢饉と呼ばれている。 3年()、を幕府が行うもが起こりへと戦火が広がる。 は奥羽越列藩同盟に参加し、鹿角口と生保内口に向軍勢を差し向ける。 雫石郷からは400名もの農兵が徴発された。 を総大将に生保内口に攻め入りと抗戦するも、地の利を得ず撤退した。 は時勢虚しく、降伏恭順を官軍側に申しでるが、盛岡藩の帰服が正確を欠くとの理由から国見峠に攻め込まれる。 橋場口が戦場となる。 この戦いで一村焼け落ち、マタギの(よぎ)が、長崎斥候隊長を鉄砲で狙撃死させるも、春木場から侵入され雫石郷は占領された。 盛岡藩の降伏が受理されて戦争は終わったが現在に至るまで、官軍に占領された時の恐怖は雫石町で語り継がれている。 詳細は「」を参照• (22年) - が施行され、雫石村の区域のみで 雫石村が成立。 (明治29年) - と南岩手郡が合併し、となる。 (15年) - 雫石村が町制施行し、岩手郡 雫石町となる。 (昭和29年) - 西山村の一部が御明神村へ編入される。 (昭和30年) - 雫石町・・・が合併し、新たに 雫石町となる。 1955年(昭和30年) - 雫石町の一部がへ編入される(現在の盛岡市繋)。 (昭和46年)機と機が衝突し墜落する。 (昭和55年) - 雫石スキー場開業。 (平成25年)-未明からの大雨により国道46号以南の地区を中心に甚大な被害が発生する。 10日朝までの24時間降水量は268. 5mm(町観測史上最高)。 行政 [ ]• :(就任、1期目) 町の施設 [ ]• 町中央公民館「野菊ホール」• 町立図書館(野菊ホールに併設)• 町雫石公民館• 町御所公民館• 町御明神公民館• 町西山公民館• 町総合運動公園 県の施設 [ ]• 岩手県営屋内温水プール 警察 [ ]• 雫石交番(町中心部を管轄)• 西山駐在所(町北部・網張温泉・小岩井地区を管轄)• 御所駐在所(町南部・御所湖畔・盛岡市繋地区を管轄) 消防 [ ]• 盛岡西消防署雫石分署 金融機関 [ ] は、に本所を置く、 JA新いわて を指定している。 町役場内にはではなく、JA新いわて雫石支所を母店とする有人が設置されている。 ・岩手銀行雫石支店 ・北日本銀行雫石支店 雫石町消防団 [ ] (平成21年度時点)• 条例定数 367人• 実員数 306人• 水槽付 1台• ポンプ車 17台• 小型動力ポンプ 8台• 本部(25人)• 第1分団(63人)• 第2分団(62人)• 第3分団(80人)• 第5分団(83人) 姉妹都市 [ ]• 「友好都市青少年留学の翼派遣団員」が正式名称。 産業 [ ] 企業 [ ]• 盛岡セイコー工業 - の子会社。 雫石高級時計工房があり、などの製造を行っている。 郵便局 [ ]• 雫石郵便局(集配局、〒020-0599)• 御所郵便局• 鴬宿温泉郵便局• 御明神郵便局• 岩手西山郵便局• 83%減の16,981人であり、増減率は県下33市町村中14位。 教育 [ ] 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• 小学校 [ ]• 雫石町立雫石小学校• 雫石町立七ツ森小学校• 雫石町立御明神小学校• 雫石町立橋場小学校(2018年・御明神小学校へ統合)• 雫石町立上長山小学校(2018年・西山小学校を統合新設)• 雫石町立下長山小学校(同上)• 雫石町立西根小学校(同上)• 雫石町立安庭小学校(2017年・御所小学校を統合新設)• 雫石町立大村小学校(同上)• 雫石町立南畑小学校(同上) TVチャンネル・ラジオ周波数 [ ] 雫石町内テレビ中継局• (生森山)• 滝沢市大釜地区、盛岡市猪去・繋・黒石野地区でも当局を受信している世帯あり。 また当町北部ではも受信可能。 なお橋場地区は山陰になって生森山からの電波が届きにくいため(盛岡親局)を受信している。 在盛ラジオ放送はAMが盛岡親局(・)を良好に受信可能。 なお当町内にFM中継局は未設置なので盛岡親局(紫波新山)を受信する(ただし山陰のため場所により雑音混じりとなる場合があり、紫波新山に向けてFM屋外アンテナを立てている世帯もある)。 橋場地区の一部では隣県のも936kHz経由で受信可能(高感度ラジオを用いた場合は盛岡市内の一部でもABSラジオ936kHzを受信可能。 なお仙岩トンネル内では、地元IBCラジオ684kHz・隣県ABSラジオ936kHz両局を再送信)。 交通 [ ]• 全国大会 マスコットキャラクター [ ]• しずくちゃん(絵本やアニメのとは異なる) 文学に登場した雫石 [ ] が雫石町の七ツ森、など町内にたびたび立ち寄ったという記録がある。 小岩井農場の牧歌的な情景は「」の詩にも影響を与えている。 雫石町の狼森や笊森などが賢治童話「」のモチーフとなった。 の時代小説「」の主人公、隊士の妻しずの実家が雫石にある、という設定で物語の舞台となった。 の推理小説「」弁護士高林鮎子シリーズでも雫石川などが舞台となった。 の推理小説「」十津川警部シリーズでも雫石が描かれた。 の推理小説「」でも雫石の小岩井農場SL館が舞台になり、、義経伝説などが絡み合った物語が描かれた。 出身人物 [ ]• - 小説家• - 漫画家• - キックボクサー• - 実業家。 - ラグビー選手。 脚注 [ ] [].

次の